お問い合わせをお待ちしております
TEL. 075-406-0511

ホーム>ブログ

うの整骨院ブログ

そもそも肩こりとはどのようなものなのでしょうか?
アジア人特有の症状だと言われています。
外国の言葉に『肩こり』と言う言葉はありません。
肩こりと言う意味を教えたとたんに肩こりになる
方もいらっしゃいます。
肩こりの原因は主に姿勢の悪さで起こってきます。
パソコンと使うお仕事や同じ姿勢を取ることが多い方
は肩こりの方がおおいです。
つまり、動かさないと方はこってきます。
適度な運動とストレッチをしてみてください。

猫背・姿勢矯正、産後骨盤矯正はお任せの
中京区 二条 うの整骨院
TEL:075―406―0511

姿勢が悪い状態で日常生活を過ごしていると、カラダに負担をかけて痛みや慢性的な疲労を抱えやすくなります。

では、どのようにして姿勢が悪くなるのでしょうか。

私たちは日常生活の中で重力に抵抗しながら日常を送っています。

その重力と共存するために、人間の進化の過程で背骨のS字カーブを獲得しました。それが日々の生活で

・片脚に体重をかけて長時間立つ癖がある

・座っている時に脚を組む

・ずっと携帯やパソコンの画面をのぞき込むように見る

などの不良姿勢をとり続けることで、このS字カーブが崩れてしまします。

猫背などの悪い姿勢はこのS字カーブの崩れによっておこるのです。

姿勢矯正を行い、不良姿勢を改善していきましょう。


猫背・姿勢矯正、産後骨盤矯正はお任せの
中京区 二条 うの整骨院
TEL:075―406―0511


本日は産後の『骨盤矯正』についてお話いたします。
妊婦さんにとって、出産は大きなゴールです。
ですが、本当は子育てのスタート地点でもあります。
出産後の方が大変だったと言う方がほとんどではないでしょうか?
週産後は体重や体形、腰痛や肩こりなど様々な悩みが出てきます。
その為、出産後お体のケアが必要になってきます。
そもそも産後に骨盤が歪む原因は、出産によって骨盤が大きく開くことです。
歪んだ骨盤は、産後3〜4ヶ月かけて左右交互に少しずつ縮みながら
ゆっくりと元の状態に戻ります。
骨盤は正常な位置に戻ろうとしますが、妊娠や出産を通して左右のバランスが
崩れていると正常な位置に戻りづらくなるといわれています。
骨盤が妊娠前の位置に戻らない状態が続くと、骨盤周辺の血流が悪くなり、
脂肪の燃焼がうまくいかなくなってしまうため、太りやすくなります。
産後に下腹が出て、妊娠前の服が入らなくなってしまうのはこのためです。
骨盤が正しい位置に戻ると、内蔵も正常な位置で機能し、栄養素の吸収が良くなります。
また、血行が良くなることで基礎代謝も上がり、痩せやすい体になりますよ。
骨盤矯正を始めたら1週間で2キロくらい体重が減る人もいます。
産後太りを解消するのは、産後の6ヶ月間が重要ですが、骨盤矯正と産後ダイエット・産後リフォームを
上手に行えば、効率よく痩せるだけでなく、スタイルが良くなる効果も期待できますよ。 

猫背・姿勢矯正、産後骨盤矯正はお任せの
中京区 二条 うの整骨院
TEL:075―406―0511


冷え性改善!

2016.11.17

この頃、頭痛・肩こりがひどく感じたり、すぐ風邪をひく気がしたり、腹痛や下痢が多くなるなどの症状に悩まされていませんか?
そのような症状を感じる人はもしかすると冷え性かもしれません。冷え性は生活習慣の中から突然やってくる事があります。
冷え性の原因は色々ありますが、一般的な理由として、カラダの血液の流れが悪くなっている時におきると言われています。先に述べた事も血液の循環を悪くしてしまう行為なんですね。日頃の生活を少し改善するだけで冷えの状態が変わってきます。
冷え性の方はよく「はらまき」をした方がいいと言うのを聞いた事がありますか?人間の身体の構造の一つに寒い時にはまずお腹に血液が集まるという習性があります。これは、カラダの重要な部分である内蔵を無意識に守ろうとしている脳の働きによって起こるものですが、こうなると足や手に血液は回りません。
一生懸命、靴下や手袋などで暖めても、肝心のお腹が冷えている状態では、手足はなかなか暖まらないというわけです。まずはお腹を暖める努力をしましょう。

猫背・姿勢矯正、産後骨盤矯正はお任せの
うの整骨院
TEL:075―406―0511